様々な場所で行われている古紙回収

その昔、古紙回収といえば、ちり紙交換車というのがありました。
軽トラックなどにスピーカーを積んで、「毎度おなじみちり紙交換車でございます」という声とともに、街を練り歩いたものでした。
古紙を持っていくと、ちり紙やトイレットロールなどと交換してくれるので、よく利用をしておりました。

しかし最近では、ちり紙交換車による古紙回収というのは、行われなくなってきました。
その代わり、他の廃品回収と一緒に古紙回収も行うというのが、最近です。
この場合、ちり紙はくれません。

これ以外にも、様々な古紙回収サービスがあります。
最近では、古紙も立派な資源という意識が芽生えてきましたので、様々なところで行われています。
その中でも注目なのが、スーパーマーケットです。
駐車場の傍らに、ゴミ捨て場のようなスペースがありますが、ここが古紙回収ステーションです。
量りがついておりまして、古紙の重さに応じて、そのスーパーマーケットのポイントがもらえる仕組みです。
古紙の種類も、新聞や雑誌はもちろんのことですが、紙袋やコピー用紙、ダイレクトメールの類でも大丈夫なところが多いです。
ただし、古紙回収の際、紙以外のビニールや匂いの付いた紙などは、一緒にしないほうが賢明です。