古紙回収に出す時の注意

古紙は再生紙を作る原料としてリサイクルされます。新聞販売店で大量に出た残った新聞や各戸に配布された新聞の回収などを行います。新聞店で行われる古紙回収とは別に各自治体で決まった曜日に資源ごみとして回収されるときに出すこともできるし、新聞店での定期的な古紙回収とは別に回収してくれる業者もあります。ほとんどの紙はリサイクルすることが可能ですが、しっかりと分別するとさらに価値が高まります。同じ紙でも条件によってはリサイクルできないものもあります。裏が黒いカーボン紙に印刷されたもの、履歴書のように写真の貼ってある紙もリサイクルすることはできません。また、クリアファイルなどのプラスチック製品が紙と一緒に入っていることが多いのですが、これは当然リサイクルすることはできません。回収した古紙は段ボール、雑誌、新聞紙、チラシなどに分別されます。よく誤解れるのですが、リサイクルに出そうとする古紙が濡れてしまうと価値がなくなるというのは間違いです。回収したリサイクル用の古紙は、水にぬれると計測の際に影響が出ることはあっても、リサイクルの原料としての価値がなくなることはありません。ただ、紙は水を吸いやすいので、なるべく濡れていない状態のほうが古紙回収作業が楽なことは確かなようです。